2016
09.03

mayano134 紫彩乃 資産家セレブの人には言えない秘密 第2話[紫彩乃]

【評価:良い】【月額固定アダルト動画】
女優名:
紫彩乃
年代:
四十路
作品タイプ:
独占
ジャンル:
有名女優 巨乳 フェラチオ 電気あんま
ファイル名:
spc00261_03
更新日:
2016/08/31
画像処理:
完全無修正
ビットレート:
Scene Movie 2000kbps、All Movie 700kbps

数年ぶりに実家の屋敷を訪れた彩乃さん。昔、父と母と住んでいた家は別の人が住んでいるようだった。
「ごめんくださーい」と言うも誰も出てこず途方に暮れているとトイレに行きたくなってしまった彼女は
「トイレお借り出来ませんか?」と言いますが返事がないので庭でうっかりおしっこを漏らしてしまいます。
すると「お前!人んちで何やってんだ!」と聞き覚えのある声が…。
「あ!お嬢さま!」と昔、彼女の運転手をしていた入江がこの家に住んでいたのです。
入江は彩乃さんに「ちょっとお茶でもしませんか」と誘います。そしてお茶を出すときに彩乃さんの膝にこぼしてしまい
彼女が「ちょっと入江!何やってんのよ!どこ触ってるのよ!」と怒ると入江の態度は一変。
「俺はもうお前の召し使いでも運転手でもねぇんだよ!」と彩乃さんを別室に連れていき後継者の和田と一緒に襲うのでした。
白いスーツが肌蹴け白いブラジャーからだらしなく巨乳が零れている、はしたない姿の彼女を電マ責め。
「ちょっとお願い、止めて!!」というも豹変した入江は彩乃さんがまたお漏らしをしてしまうまで責め続けるのでした。
そして入江が「おい!和田!乳揉め!」というと、ダメだと思いつつも理性が切れてしまった和田は
狂ったように彼女の妖艶で熟した身体を貪っていく…。
入江に手足を押さえつけられえ和田から蜜壺にズブっとペニスを挿入された彼女が
「あぁぁ!お願い中には出さないで!」と叫びますが入江は「おい、和田、我慢しなくていいぞ!」と
2人で悪魔のように彼女を犯していくのでした。

 

関連記事

No Comment.

Add Your Comment