2013
01.07

kunimi nana5 昭和のOL ~前編~[国見奈々]

【評価:40点-ちょっと。】【月額固定アダルト動画】
これはまだ携帯電話やPCはおろか、テレビさえも一般に普及していなかった昭和の時代のOLの物語である。とある会社でOLとして働く奈々。まだまだ会社内での女性の地位は低く、仕事内容と言えばお茶くみや雑用ばかり。そんなある日、父親の作った借金のことが上司にバレてしまう・・・。借金の肩代わりをするかわりに気持ち良くしろという上司の要求を渋々呑むハメに。最初は嫌々だったものの、眼前にそそり立つイチモツの、むせ返る様なオスのニオイに次第に快感を覚え始める。口に収まりきれないほどパンパンに膨れ上がったイチモツを豊満な乳房を使ってしごき上げ、ついには口内に大量の精子を出されてしまう。初めて味わう子種の味に、苦悶とも恍惚ともとれる表情を浮かべ、言われるがままそれを飲み干す奈々。そんな情事の様子をなんと社長に見られてしまう。破格の報酬を目の前にぶら下げられ、ついには社長にまで手篭めにされてしまう。体中を這い回る社長の舌と指に、やらしく肉付いた乳房を激しく揺らし反応する奈々。下着を剥ぎ取られ、赤く充血した秘肉をさらけ出されると、恥ずかしさからか、それとも快感からか、奈々の秘肉からは止め処なく愛液が溢れ出しシーツを濡らしてゆく。気の遠くなるほどの長い愛撫に、やがて自我は崩れ去り、一匹のメスと化してゆく奈々。自ら肉棒を求め、歓喜の喘ぎ声を部屋中に響かせながら絶頂を繰り返す。社長が腰を動かすたび、奈々の体はビクビクと揺れ、太い肉棒が秘壷の奥の奥まで貫いてゆく。ついに我慢も限界に達し、奈々の中で果てる社長。パックリとだらしなく口を開いた膣口から精液と愛液と唾液が混ざり合った白濁液が流れ落ちる頃、身も心も社長のモノへとなっていくのであった・・・

 

関連記事

Comments are closed.