2013
01.05

kai miharu34 機密女収容施設 ~シークレットプリズン~ 第2部[甲斐ミハル]

【評価:100点-超おすすめ!!】【月額固定アダルト動画】
何者かにさらわれた甲斐ミハルは、気がつくと警官服を着た者からこの機密女収容施設の説明を受ける。そして、性奴隷としてこの施設で生活して行かねばならない事を伝えられる。もし施設の人間に刃向うと、抹殺されてしまう。そんな試練を与えられたミハルは、記憶喪失の装置で毎日記憶を抹消され、看守達からオモチャのように与えられたゲームに命がけでプレイする。変態ものや陵辱プレイで有名な安達かおる監督が手掛けるこの一本!記憶喪失プログラムで過去の記憶を少しづつ消されていく甲斐ミハル。他の囚人からこの収容施設の話を聞き、驚きの表情を隠せない様子。その内容とは、毎年数名が闇の処刑人として育成され、裁判や法律で裁くことの出来ない人間達を極秘で処刑する任務を与えられる。しかし、才能のない人間や看守達に刃向うものは全て抹殺されてしまう・・・。その翌朝、看守が牢屋の前に囚人を並ばせ、マンコやケツの穴に隠し物がないか匂いを嗅いで確認する。「本日の訓練は急きょ拷問室に変更」と言う所長の言葉に囚人達の列が乱れ怖がっている。そして一人の囚人の処刑に立ち会うことに。囚人は、線香で焼香をした後、看守が囚人のアナルに3本指をザックリ差し込み、グリグリかき回す。バイブで陵辱的なアナル攻めをして終いには、おしっこを漏らしてしまい、連続イキして処刑されてしまう。その後も看守達から囚人達にオモチャのようにスケベなゲーム与えられ、命がけでプレイする

 

関連記事

Comments are closed.